プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・ Feb 17, 2018
あなたの人生を照らす光になりたい・・・ Feb 15, 2018
生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと Feb 14, 2018
毎日の日々を・・・懸命に 生き抜く。それだけでいい Feb 12, 2018
自分に対して素直になれた時、人はこの世界が自分を祝福していることに気付く。 Feb 10, 2018

2018.02.17    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・


羽生くん・・・
金メダルおめでとう。
うん。
みんなが
あの時、
確信していたはずさ。
神様でさえも
わからない
僕らの明日を
君の
勇気と優しさが
救ってくれたんだ。








M-5239

M-5240




♪たとえ
世界が行き場所を見失っても
汚してしまった
スパンコールを集めて
真冬の星空みたいに
輝かせよう
だけど茨が絡みついて偶然の生贄
試されているのが悔しいね
それでも
明日は明日の風の中を
飛ぼうと決めた・・・
(バラ色の日々)









M-5241

M-5242

M-5243




羽生結弦・・・
完全復活の滑りを披露。
人生は、
その一瞬に込められた
眩い煌きが
全てだと、
僕らに
改めて教えてくれた。




M-5244

M-5245

M-5246










M-5247

M-5248

M-5249





♪何故君はいつでも
そんなに輝いてるの
つまらない日々を
小さな躰にすりつけても
少し淋しくなるだけ
愛し合おう誰よりも
水たまりは希望を
写している・・・
(ワンダーフォーゲル)







M-5250



人はいつも
誰かのことを想ってる。
あなたの
無邪気な笑顔に
出会いたくて、出会いたくて、
儚い夢の轍を
今夜も
また諦めきれずに
追いかける・・・








Stars / THE YELLOW MONKEY

bara iro no hib

砂の塔 / THE YELLOW MONKEY

くるり - ワンダーフォーゲル (Zepp Tokyo, 2003)











2018.01.31    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   世界で一番しあわせなビートのマジック!!に今夜も酔いしれるのさ


BURRN! JAPAN最新号に掲載されている
高崎晃インタビュー記事を読む。
たとえどんなに小さい事でもいい。
日常の中でそれを継続する習慣がつけば、
いつの日か
必ずそれが実を結ぶ日がやってくる。
そのためにも
まず心身ともに健康であることが大切。
歳を取るって素敵なことだ。









M-5558

M-5559





これは超貴重・・・
そう。
これがザ・芸能界!!
まるっきり
アイドルやん。
そうや!!
これが
芸能界の真実やっつつつ。










あの月を見上げながら・・・
ぼくらは、
世界で
一番しあわせな
ビートのマジック!!に
今夜も
酔いしれるのさ。





M-5560

M-5561

M-5562

M-5563








今夜・・・
おれは、
君の瞳に
どんなサプライズを
仕掛けようかな?
うん。
やっぱこれだな。




M-5564

M-5565

M-5566

M-5567








今夜一晩だけ、



素敵なビートの奴隷になってもらうのさ!!



ねっ、



最高だろ?








LAZY DREAMER

LAZY/地獄の天使

The Jam - Beat Surrender

The Clash - Hitsville U.K.









2018.01.27    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   いつの日か、眩い輝きを放つその日のために、僕らは今日を生きる


BURRN!最新号に掲載されている
増田勇一のコラム『MUSIC LIFE』を読む。
出会いと別れの繰り返しの中で
人は成長する。
そしてその成長の過程こそが
未来への礎になることを、
このコラムの文章は
教えてくれる。
いつの日か、
眩い輝きを放つその日のために、
僕らは今日を生きる。









M-5552










原田真二&クライシスの貴重なライヴ音源が
YouTubeにアップされている。
この頃の原田真二は、
とにかく破天荒で自由度が高いライヴを
展開していたことが、
この音源からも伝わってくる・・・




M-5546

M-5547




自分が
この世界に
生まれてきた意味、
この世界で
自分が
果たすべき役割について
深く
自問自答する
日々だったのかもしれない。









M-5548

M-5549




与えられた
環境と制約の中で、
如何にして
自分がやりたいことを
表現するか?
その命題と
真摯に向き合い続けたのが、
この時期の
原田真二だった・・・









M-5550

M-5551









そこに熱狂と興奮が
ある限り、
人は自分が
生かされている意味を
そこに知る。
うん。
人生は熱狂と興奮が
全てさ!!
そして・・・
それが
ロックの本質でもあることを
人は知る。








過去を呪い、
過去を悔やみ、
過去を打ち消そうとしても、
ぼくらは
二度と再び、
あの頃には戻れない。



M-5544

M-5545








いま
この瞬間の
出逢いの喜びと
別れの悲しみは、
僕らが
今この瞬間も、
生かされているという証。









1991.12.28 THE YELLOW MONKEY Welcome To My Doghouse @渋谷Lamama

SHINJI & CRISIS   LIVE at 芝・郵便貯金会館ホール 1 1981,7,31 音源のみ

SHINJI & CRISIS   LIVE at 芝・郵便貯金会館ホール 2 1981,7,31 音源のみ

原田真二&CRISIS   LIVE at 芝・郵便貯金会館ホール 3 1981,7,31 音源のみ

SHINJI & CRISIS   LIVE at 芝・郵便貯金会館ホール 4 1981,7,31 音源のみ

Iggy Pop - Lust For Life

バラ色の日々 @富士スピードウェイ











2018.01.23    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   そんな天使たちのいたずらを、ぼくらはいつも苦笑いしながら眺めてる・・・


♪先生が
僕に聞いた
おまえの夢は何かと
夢は
壮絶な最期を遂げる
ことじゃない
夢は
微笑んだままで
遂げること・・・
(HIGH SCHOOL)







M-5535

M-5536





久しぶりの
大雪に見舞われて・・・
こんなに
真っ白ニャッ!!
ふぅ、
雪かきは疲れるにゃあ~~~~。
はいはい、
そうですねっ。(笑)




M-5533

M-5534










この世界が



真っ白な静寂に包まれて、



全てを



鮮やかに



塗りかえてしまう。









M-5530

M-5531

M-5532










そんな




天使たちのいたずらを、




ぼくらはいつも苦笑いしながら




眺めてる・・・










Sherbets HIGH SCHOOL

Sherbets - Rainbow Surfer [Tacos of Hell]

Sherbetsグレープジュース PV

浅井健一&THE INTERCHANGE KILLS "細い杖" (Official Music Video)











2018.01.16    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   こんな退屈な世界をいますぐに抜け出して、きみと・・・あの丘の向こうへ駆け抜けよう


当時、内田裕也と石坂敬一の
オーガナイズにより実現した
伝説のロック・フェス
「ワンステップ・フェスティバル」
そのボックス・セットが
遂に発売される。
余りにも貴重な記録。


http://www.teichiku.co.jp/catalog/one-step-festival/




M-5505

M-5506

M-5507









M-5511




あの夜・・・
ヨーコは、
ステージから大量のパンティを
ばら撒いたという。
もちろん
男の子たちは大喜び!?
したかな。(笑)
ラヴ&ピースを象徴する素敵なエピソード。











なぜ大人になると音楽を卒業する人がいるのだろう? そしてそうならないためには?
山崎洋一郎の「総編集長日記」



https://rockinon.com/blog/yamazaki/172149



“今の時代に何が起きていて、新しい世代の人が何を考えて何を語ろうとしているのか、それが新しい音楽には込められている。
新しい音楽は新しいニュースと新しい価値観を運んでくる。

もちろん音楽の本質はそれだけではないけれども、とても重要な部分であることは確かだ。

特に、曲も歌詞も自分たちで書いて自分たちで演奏して自分たちで歌うロックやポップ・ミュージックには、今の時代を生きる今の世代の人たちの最新の声がダイレクトに込められているのだ。
演歌やクラシックとはそこが違う。

古い新聞を何度も読むのも楽しいかもしれないが、今、何が起きているのかを僕は知りたい。
だから僕は新しいポップ・ミュージックを聴く。”
(山崎洋一郎)



クラシック・ロックには、時代を超えた普遍性が刻み込まれている。
今を生きる新世代の音楽には時代の息吹が息づいている。
過去から吹いてくる風を感じながら、
今という時代の息吹を胸いっぱいに吸い込めば、
きっと未来からも
素敵な微笑みが返ってくる・・・







M-5507

M-5508

M-5509

M-5510




こんな
退屈な世界を
いますぐに抜け出して、
きみと・・・
あの丘の向こうへ
駆け抜けよう。




M-5501

M-5502

M-5503

M-5504








そこから
眺める景色は、
きっとぼくらを
やさしく
包み込んでくれるはずさ!!








Yoko Ono-The message from Fukusima,Japan.

Yoko Ono - One Step Festival, Japan 1974. Color footage

U2 - You’re The Best Thing About Me (Official Video)

ヤング・フォーエバー - 佐野元春&THE COYOTE GRAND ROCKSTRA (DaisyMusic Official)













Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog