プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
季節の移ろいは・・・神様の素敵な贈り物!! Feb 21, 2018
いつだってこの瞬間のときめきが全てなのさっ Feb 19, 2018
人はいつも誰かのことを想ってる。あなたの無邪気な笑顔に出会いたくて、 出会いたくて・・・ Feb 17, 2018
あなたの人生を照らす光になりたい・・・ Feb 15, 2018
生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと Feb 14, 2018

2018.02.21    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   季節の移ろいは・・・神様の素敵な贈り物!!


狂四郎~~~~~~~~~!!



いやいや・・・



拙者っ、



清志郎でござるっ。







M-5261

M-5262

M-5263

M-5264




マイブラだけじゃない!アルバム制作費に莫大な金をかけレーベルを困窮させたバンド×7(汗)。
2018.02.21 10:25
児島由紀子の「ロンドン通信」




https://rockinon.com/blog/kojima/173389



芸術に
惜しみなく
金をつぎ込む・・・
それでこそアートが育つ!!
さっすが欧米かっ。









♪僕らが
手にしている富は
見えないよ
もしも彼らが
君の何かを盗んだとして
それはくだらないものだよ
もしも君が
彼らのことばに嘆いたとして
それはつまらないことだよ
君の喜ぶものは
ありあまるほどにある
何故なら価値は
生命に従って付いている・・・
(ありあまる富)









M-5265

M-5266

M-5267

M-5268




つい
この前まで、
街は
真冬の凛とした
静寂に包まれていたのに、
もう
そこまで
春の足音が
近づいている・・・







M-5269









きみが
ふり返れば、
ほらっ、
あのコが
にっこり微笑んでいる。
季節の移ろいは・・・
神様の
素敵な贈り物!!








Rock'n Roll Show

My Bloody Valentine - Soon (Video)

椎名林檎 - ありあまる富

丸の内サディスティック | Dynamite In - 東京事変

22歳の別れ












2018.02.19    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   いつだってこの瞬間のときめきが全てなのさっ


神はなぜ、
彼の未来に
過酷な試練を
与え続けるのか?
なぜなら、
神でさえ
彼の虜なのだ。
たとえ、
どんな試練を
与えたとしても、
彼は自身の
生きざまに反映させることで
この世界を
優しく
包み込んでしまうから。









M-5246

M-5251

M-5252

M-5253




♪冷えた空気の中
冷めた視線なんて
気になんてしないさ
多勢に無勢の
ここには
はまりはしないぜ
負け犬にはならない
今は何かに傷ついていても
限りなく潔い
殉教者(ヒーロー)になる
その日まで・・・
(マケイヌ)




M-5258

M-5259

M-5260









♪好きなもの
好きなひと
好きなら
もっと好きになれ
いつも
世界はくり返すだけ
何も変わらない
だから自分を変えてみるのさ
生きていくのさ
生きるために
生きるのさ・・・
(TOUGH)







M-5254

M-5255

M-5256

M-5257













生きている限り・・・




いつだって




この瞬間のときめきが




全てなのさっ。








【NHK】【ノーカット実況なし】飛んだ!ほえた!泣いた!羽生結弦、金メダル!<ピョンチャン>

ZIGGY-マケイヌ

TOUGH (東京虫BUGSツアー) /ザ・コレクターズ

LOUDNESS "Soul on Fire" Official Music Video - New Album "Rise To Glory" OUT NOW








2018.02.15    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   あなたの人生を照らす光になりたい・・・


ボス!!
あいつら、
いつのまに組を
再興してたんでしょうね。
うん・・・
奴らがまた
動き始めたとなると、
こいつは
きな臭いなっ!!
よし、
ゴリさん、
奴らの
潜伏している
通称エイジアン・ボーイ・ハウスを
至急突き止めてくれ。




M-5231

M-5232

M-5233

M-5234






了解、ボス!!




急げマカロニ・・・










♪キラキラと輝く大地で
君と抱き合いたい
たとえ
世界が終ろうとも
二人の愛は変わらずに
僕は何を思えばいいんだろう
こんな夜は
逢いたくて君に逢いたくて
また
明日を待ってる
(JAM)









M-5224

M-5225

M-5226

M-5227





あなたの人生を
照らす光になりたい。
あなたが・・・
輝けば、
僕の人生も
その輝きを増す!!









M-5228

M-5229

M-5230










M-5235

M-5236

M-5237

M-5238





魅惑のガレージ・パンク!!




いますぐ




お前のハートに火を付けて、




夜空の彼方へ




お前と




真冬のランデブー・・・







THE YELLOW MONKEY - 見して見して(LIVE)

JAM 1996

Char - Shinin’ You Shinin’Day 【日本武道館】

シーナ&ロケッツ プロポーズ (TV LIVE) 80's 鮎川誠 糸井重里

















2018.02.14    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   生きるという事・・・それは、何が起きようとそれを受け入れる勇気と信念を失わないこと


ジューダス・プリーストのグレン・ティプトン パーキンソン病であることを公表
2018/02/12 20:14掲載(Last Update:2018/02/13 00:44)




http://amass.jp/101048/








“10年前、グレンは初期のパーキンソン病の兆候が見られると診断されました。以来最近まで、グレンは彼自身が納得できるパフォーマンスのクオリティという、非常に重要視してきたものを維持することにより、それまで通り偉大なヘヴィ・メタル・ギタリストとして生き続けてきました。

現在グレンは比較的負担の少ないプリーストの曲を弾いたり演奏することはできますが、パーキンソン病の進行特性を鑑みるに、これまで通りのツアー活動ができなくなるであろうということをみなさんにお伝えしたいと本人は考えています。

「ショウは続いていかなければならない」というメタル・スピリットに忠実なグレンは、ステージ上で代わりに戦い続けることをアンディ・スニープに託しました。

「みんなに知ってもらいたいのは、ジューダス・プリーストのツアーが先へ進むことが不可欠であること、そして、僕はバンドを離れないということ。単に僕の役割が変わっただけだ。プリーストの曲をぶっ放せるようになったら、そして、そうできそうな気がしたら、ステージに立つ。そのチャンスは排除しないさ!だから今は、あまり遠くない未来のどこかの時点で、僕たちの素晴らしいメタル・マニアたちにもう一度会えることを心から楽しみにしているんだ」

ロブ、リッチー、イアン、スコットからのメッセージ:

「我々はグレンの意志の強さと揺るぎない責任感を目の当たりにするという幸運に長年恵まれてきた。自分の情熱や信じるものを、プリーストとの曲作り、レコーディング、パフォーマンスのセッションを通じて示してくれた彼こそは真のメタル・ヒーローだ!

我々が『ファイアーパワー』のツアーを全うすべきだというグレンの主張はいかにも彼らしい。グレンの願いを実現するために我々に加わってくれるアンディに感謝している。グレンも言っていたように、ツアーのいつか、どこかであらゆる時、あらゆる場所で、彼を迎えることができることを待ちきれないんだ。

…グレン、みんなおまえを愛しているよ!」”








パーキンソンは
決して
不治の病ではない。
そう信じたい・・・
どうか希望を失わないで!!








M-5213

M-5214

M-5611

M-5215




♪どうにもならないよ
この恋が
君をさらってく
だからひととき
ほんのひととき
そうさ
ひととき
ほんの少し
神様
時間止めて
明日を遠くして・・・
(世界を止めて)









M-5216

M-5217








“ウチはずっと中小企業で、研磨剤にしかこだわってなかったんだよ。好きなものをどうやって磨いていくか、しか考えてなかった”
(加藤ひさし)

“『売れたい。じゃあどういう曲作ろうか』ってなった時に、コレクターズは大きなヒントになったんですよ。ちょうどブリットポップも流行り始めて、それが僕の中ではうまくリンクして、シングル量産体勢に入ったわけですよ”
(吉井和哉)

“イエローモンキーが自分たちの核にあるものと対峙しながら、ギリギリのところで歌詞をわかりやすくしていったのは凄いし、売れるべくして売れたな、と思う。俺たちはそんな意識なんてなく、XTCごっこみたいなことばかりやってた”
(加藤ひさし)

“あの頃のロックバンドの連中って、あんまり背が高くなかったんだよ。演ってる音とスタイルが、あんまり噛み合ってなかったのね。それが新幹線で吉井くんに会ったら、すごく背が高くて。おまけに服装もロックンロールな感じでさ。”
(加藤ひさし)




M-5218

M-5219

M-5220








ヤングギター最新号に掲載されている
高崎晃のスペシャル対談、
VSチャー、VS鮎川誠を読んで思ったこと。
やっぱ一つの道を
信念を曲げずに突き進んできた
3人だからこそ、
共通項がいっぱいあるよね。
うん。
ジャンルの壁なんて一切関係ないんだよ。
ギターが大好きだからこそ
通じ合える。
素晴らしい事です。








M-5221

M-5222

M-5223









生きるという事・・・
それは、
何が起きようと
それを
受け入れる
勇気と信念を
失わないこと。
そう。
未来に
何が待っているか・・・
それは
ぼくらの運命を司る
神様でさえも
分らないのだからね。








Judas Priest - The Hellion / Electric Eye (Live Vengeance '82)

Judas Priest - Riding on the Wind (Live Vengeance '82)

Judas Priest - Bloodstone (Live Vengeance '82)

THE COLLECTORS - 世界を止めて (Fuji Rock 2016)

Stars / THE YELLOW MONKEY

Loudness - In The Mirror (eurobounds/1984)

Char - Shinin’ You Shinin’Day 【日本武道館】

シーナ&ロケッツ プロポーズ (TV LIVE) 80's 鮎川誠 糸井重里












2018.02.12    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   毎日の日々を・・・懸命に 生き抜く。それだけでいい


アイスダンスショートプログラムを
眺めていたら・・・
あっ、
これストーンズの
「悪魔を憐れむ歌」じゃん!!
そしてそこから「天国への階段」かと思いきや、
「ホテル・カリフォルニア」へと続いていく。
うん。
フィギュアスケートには
こんな楽しみ方もあるんだね!!









M-5603

M-5604

M-5605










オリンピックは・・・
なにも考えず、
ただ眺めているだけで
こんなにも
楽しい!!
うん。
そのすべての競技が、
肉体を駆使したアートだよね。
だから、
生きることは、
素晴らしい。







M-5606

M-5607

M-5608




何かを手にするために
いつも
何かを失う・・・
でも、
それは悲しい事じゃない。
何かを
失う度に、
君は日々生まれ変わる。
それは
君がいつも欲しがっていた
あの未来を
具現化するための
エネルギーさ!!









M-5609

M-5610









♪いつまで
どこまでなんて
正常か異常かなんて
考える暇も無い程
歩くのは大変だ
楽しい方がずっといいよ
ごまかして笑っていくよ
大丈夫だ
あの痛みは忘れたって
消えやしない・・・
(ray)





M-5611

M-5612









毎日の日々を・・・
懸命に
生き抜く。
それだけでいい。
ほかに
なにもいらないんだからね。







Rolling Stones "SYMPATHY FOR THE DEVIL" (Live Glastonbury)

Virtue/Moir. Grand Prix of Figure Skating Final 2017. SD

スピッツ / 1987→

LOUDNESS ~ in Europe1984 / CRAZY DOCTOR

Noel Gallagher's HFB - Don't Look Back In Anger (Live Fuji Rock Festival'12)

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」














Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog