FC2ブログ
プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
こんなにも理不尽な世の中で日々を生き抜くあなたを・・・ありったけの愛で包み込んであげたい!! Jun 27, 2020
想いは・・・いつかあなたの胸に辿りつける日を夢見て、また旅立つのさ。 Jun 26, 2020
歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・ Jun 24, 2020
いくつになっても・・・ぼくのこころには、きみのことしか映らない。 Jun 23, 2020
打ちひしがれた心に・・・愛と勇気とやさしさを!! Jun 21, 2020

2020.06.24    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   歳を経て経験値が増えれば増えるほどにどんどん世間が判らなくなる。それはきっといいことなんだろう・・・


ヤードバーズ、ストーンズ、ビートルズ・・・
正統派英国ロックの
不良魂を
自分なりの価値観で
具現化した
名曲!!
そいつがこれだっつつつつ。







M-3681



男はいくつになっても
愛する女(ひと)に
依存しなければ
生きていけない。
だから、
そんなふうに
黙って
全てを受け止めてくれる
女(ひと)の前では、
つまらない意地を張る。
見栄を張る。
そんな
男の弱さ、
情けなさを具現化した名曲。







M-3682



じゃ、
とりあえず
Aのコードでセッションしようか!!

えっ、
それどの曲ですか?

そう言われて
コリャ駄目だ。
そう
思ったという
チャーのことばを
思い出す。

それぞれの
手持ちのパーツを持ち寄って、
如何に楽しむか・・・
それも
音楽の醍醐味!!








M-3683



不自由の中にこそ、
真の自由がある。

不自由だからこそ、
そこに
欲望が芽生える。

そんな
欲望の発露を
三つのコードで表現する。

それが
ブルースの原点かな?







M-3684







ツイッターを通じた
出会いと別れは、
日々、新たな発見の連続。
長く続けていれば、
世間知に長けてくるはずなんだけど、
寧ろ逆で、
世間が
どんどんわからなくなる。
それは、
未知への好奇心を倍加させる。
そう考えると
バカの
ままであることも、
捨てたもんじゃない。







横浜銀蝿 ツッパリHigh Scool Rock'n Roll登校篇

関白宣言 さだまさし

野ギ #10-1

Sweet Home Chicago

ZIGGY-マケイヌ









2020.05.09    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   なぜ自分は生きているのか? 生かされているのか? その命題を突きつけられるのが人の死である。


ソーシャルディスタンス?

またまたあ~~~~~~!!

そんな

おしゃれな言葉で

ごまかそうたって

そうは

問屋は卸さないっすっつつつつつ!!







政府が提唱する
新しい生活様式は、
ほとんど
ギャグとしか思えないほど
陳腐で最低っ。
もはや・・・
爆笑するしかないっつつつ。
そう。
笑いは
健康のバロメーターだからねっ。
あっそうかっ!!







M-3632

M-3633



“アルバム作って、ライヴやるだけ。先なんてね、いいんだよ、見えてなくて。見えてたら何も楽しくないよ。自分が明日何やって、どうなるとか見えてて、それ、楽しいか? 見えなくていいんだよ。目の前のことだけ見えてりゃいい。”
(チバユウスケ)









M-3631



オンライン呑み会とかリモート会議とか・・・
そんなもんは、
とっくの昔に
両さんが提唱してたこと!!
つまり
政府のやることななすこと、
みんな
庶民の生活様式を
理解していない
証だね。
下々にカネをばらまきゃ
それで
一件落着!!
そんな人達ですから。




M-3634



THE COLLECTORS「鳴り止まないラブソング」
特集 加藤ひさし&古市コータローインタビュー
- 音楽ナタリー 特集・インタビュー



https://natalie.mu/music/pp/thecollectors02


“ぶっちゃけた話、メジャーのレコード会社からCDを出す人っていうのはCDの売上がすべてなんだよ。これだけは結果を残さないと。だからCDが棚に並んだ瞬間、ライバルはAKBでもあるしThe Birthdayでもある。”
(加藤ひさし)

“「恋するフォーチュンクッキー」、あれはよくできてる素晴らしいナンバーですよね。名曲って言われるような歌謡曲はたくさんあるけど、あれだけ全国で人を踊らせられる曲って、僕の記憶する限り初めてなんじゃないかなあ。”
(加藤ひさし)

“この業界に入って教わったのは「ライブはレコードやCDを売るためのプロモーションの場」っていうことで。ところがCDが売れない時代に突入して、またアマチュアリズムを取り戻したっていうか、基本姿勢に戻ったんです。”
(加藤ひさし)

“何億円も使ってテレビ番組を買い取ったりとか、ものすごい事務所の圧力で番組出させてくれたりとか(笑)、そういうことをされた試しがないんですよ。僕はそんな不遇なバンドを愛情込めて“ローカルバンド”って呼んでるんですけど。”
(加藤ひさし)

“最初は鳴り物入りのバンドがうらやましいなと思ったんですよね。でも途中から、俺たちみたいな境遇のロックバンドのほうが多いわけだから、俺たちの生き様がひとつほかのバンドの生きる筋道みたいなものになるんじゃないのと思って。”
(加藤ひさし)







♪知りたいこと
知らないこと
知れちゃまずいこと
今日も世界は秘密で溢れてる
知らないふり
知ったかぶり
シャツを着替えて
世界を変えろ!
何でもやれそうな
気がする
世界を変えれる
気がしてる
ホントに
変えれる気がしてる・・・
(Tシャツレボリューション)








M-3627

M-3628

M-3629

M-3630




出会いと別れは・・・
いつの世も
背中合わせの恋人たち。

互いの気持ちは
互いが
わかりすぎるくらい
わかってる。

だから、
人生は・・・

限りなく
せつないのさ。








Long Distance Runaround (2008 Remaster)

【ドリフ】 もしもシリーズ -銭湯-

The Birthday - カレンダーガール

ザ・コレクターズ / Tシャツレボリューション

David Bowie – “Heroes” – Live at Earls Court - 1978









2020.05.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   この瞬間の胸のときめきをいつまでも抱きしめていたい・・・


いつの世も・・・
音楽は
あなたとわたしの
魂を繋ぐ
心の懸け橋。
いつまでも
その透き通った
綺麗な瞳
忘れないよ!!


M-3621







♪みんなねむってる
星がきらめく夜に
誰か泣いている
膝を抱えてふるえてる
いつも
世界はくり返すだけ
何も変わらない
だから
自分を変えてみるのさ
好きなこと好きなだけ
好きならずっと好きにやれ
だから生きていくのさ
生きるために
生きるのさ・・・
(TOUGH)







M-3622

M-3623

M-3624

M-3625




もし
共産系や旧社会党系が
政権を
奪取していたら、
今のこの状況に対し
どんな対応を取っただろう。
非常に興味深い。
果たして
欧米のような
強制措置を
発動できただろうか?
だ・か・ら・・・
おまえは
欧米かっつつつつつ!!







明日の暮らしの
保証もない
戦時下で
暮らすことを想えば、
これだけ
個人の自由が守られる
国家で
暮らせる幸せは
なにものにも
かえられないはず。
文句なんか
言えるはずもない。








“「多様性」という言葉は難しい。狭いイメージで何かを囲うように使えば、人々を分け隔てる言葉へと変容してしまう。考えの違う人たちと話すのは面倒くさい。同感するのも大変だ。しかし、そうした面倒くささが僕たちの語彙を増やしている。”
(後藤正文)




M-3626




予期せぬ災害に
普段から備えることは
大切かもしれないが、
何月何日に
甚大な災害が起きると
予言することに
一体何の意味があるのだろう。
そんな暇があるなら、
今この瞬間のしあわせを
いつまでも
抱きしめていたい。
あなたと
過ごせる幸せを
慈しみたい。







Michael Jackson Tribute - Heal The World - Child Prodigy Cover | Maati Baani

TOUGH (東京虫BUGSツアー) /ザ・コレクターズ

ザ・コレクターズ / Tシャツレボリューション

「エンターテイメント!」佐野元春 & ザ・コヨーテバンド










2020.03.01    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   それぞれがそれぞれの事情を抱えながら・・・みんな今日という日を懸命にやり過ごすのさ。


未来に
なにひとつ
希望を見出だせなくても


貴方に
出逢えて・・・
よかった。


そう
思える
人生でありたい!!




M-8163







こんな
ときこそ・・・
乾いたハードネスと
どこまでも
深く
拡がる
ウエットな抒情性に
酔いしれたい。



M-8159

M-8160

M-8161

M-8162








へヴィ・メタルに於ける
既成概念を
鮮やかに塗り変えた名盤!!
マーシー(西田昌史)の
伸びやかな歌声と
シャラ(石原慎一郎)の
エモーション溢れる
ギター・サウンドが描き出す、
愛と孤独と喪失・・・
それは
後の
JPOPにも、
多大な影響を与えたはずだ。



M-8150

M-8151

M-8152

M-8153









歳を経れば・・・
見えてくる景色がある。
辛い過去も
全て受け入れたうえで、
互いを許し、
互いを認め合う。
そんな
愛と勇気と信頼を
この手に
掴んだ者たちだけが
見れる
景色があるんだ。







M-8155

M-8156


M-8157

M-8158









街を歩けば、
わかることがいっぱいある。
それぞれが、
それぞれの事情を抱えながら
今日という日を
懸命に
やり過ごすのさ。









ある日突然・・・
それまでの価値観を
すべて否定され、
否応なしに
あるがままを
受け入れなくては
ならない時、
ぼくらは・・・
どうすればいいのか?
そう。
誰のせいにも
できないし、
誰が
悪いわけでもない。
確かな
答えなんて
最初からないのさ。









Sawada Kenji LIVE 2011~2012 parte 07 kn

EARTHSHAKER(アースシェイカー)/ RADIO MAGIC(ラジオ・マジック) ~夜のヒットスタジオ~

[PV]EARTHSHAKER「Shiny Day」

Sawada Kenji LIVE 2011~2012 parte 01 kn

甲斐バンド/裏切りの街角 (1975年)

私たちの望むものは/岡林信康Withはっぴいえんど









2019.12.31    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   日々の不自由な営みの中にこそ・・・真の自由がある。今年も全ての出会いと別れに感謝!!


♪〇×△どれかなんて
皆と比べて
どうかなんて
確かめる間も無い程
生きるのは最高だ
あまり
泣かなくなっても
ごまかして
笑っていくよ
大丈夫だ
あの痛みは
忘れたって消えやしない・・・
(ray)







M-7890




長生きすれば
なにかいいことありますか?
と問われれば、
そうだな・・・
おまえしだい。
きみしだいだな。
とりあえず
他にやることもねえから
仕方なく
また生き延びちまった。
明日から
また
つまらねえ
厄介事が増えるだけさ。
じゃあな・・・







M-7891




出来もしないことに
無理して
手を出さない。
出来る事だけを
こつこつ
懸命につづけていれば、
いつの日か・・・
小さな花が咲く。
その花が
いつか
実を結ぶその日まで。
ぼくらは
今日という日を
生きるだけ。







M-7892







日々の
不自由の中にこそ
真の自由があり、
日々のままならぬ営みの中にこそ
真の幸福がある。
今年も
全ての出会いと別れに
感謝です。
ありがとうございました。
良いお年を・・・








BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」LIVE MUSIC VIDEO

The Rolling Stones - One Hit (To The Body) - OFFICIAL PROMO

Akfg - Kimi To Iu Hana HD

THE YELLOW MONKEY – 楽園











Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog