プロフィール

riamn

Author:riamn
魚座 B型 ♂
音楽無しでも・・・ひとは
生きてゆける。
でも・・・音楽はこころの一滴! 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

お知らせ
リンクフリーです! コメント大歓迎です!

記事と無関係なコメント及びトラックバックは管理人の方で削除させていただくことがありますので何卒、ご了承くださいませ。
FC2カウンター
twitter
最新記事一覧(サムネイル画像付き)
人との出会いは宝物。過去の様々な失敗もチャレンジも、全て今この瞬間の喜びに繋がっている Dec 08, 2016
全ての音楽はこの世に産み落とされた瞬間から、みんなの音楽になる!! Dec 06, 2016
旨いもん食べて愛し合って、いまこの瞬間の幸せを抱きしめよう!! Dec 04, 2016
70過ぎたじじい達がどうしてこんなにも瑞々しいままでいられるんだろう・・・ Dec 03, 2016
そう・・・あるがままでええんやでぇ~~~~~~~~~!! Dec 01, 2016
最近の記事

2016.12.08    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   人との出会いは宝物。過去の様々な失敗もチャレンジも、全て今この瞬間の喜びに繋がっている


このイントロの興奮から・・・



いまも醒めないままなのさっ。



そう。




お前が俺の全て!!




M-2596

M-2597

M-2598

M-2599









ストーンズのパリライヴを
ヤングミュージックショーで放映したとき、
テレビの前にラジカセを置いて録音したことを
今でも鮮明に思い出せる。







M-2600

M-2601

M-2602








後で聴き返したら、
まるで会場でこっそり盗み録りしたみたいに
臨場感たっぷりだった!!
うん・・・懐かしい思い出。(笑)




M-2603

M-2604









当時の中高生のロック・ファンは
みんなあの放送を
夢中になって見てたと思う。
清志郎とチャボも、
このライヴ映像を見て
これからの
自分たちのステージングは
どうあるべきかを研究したらしい・・・
やっぱこれしかないべっ!!
みたいな。
彼らのヴィジュアルも
一番グラマラスだった頃だね。(笑)




M-2605

M-2606

M-2607







中高生の頃は、
とにかくミュージックライフばっか眺めてた気がする・・・
読むよりも眺める!!
グラビア見てるだけで楽しかった。
ロッキング・オンを真剣に読み始めるのは
二十歳過ぎてからだった。
その後、BURRN!も読み始めるわけ。
つまりメタル狂い!!(笑)




M-2608

M-2609








BURRN! JAPANVol.7 掲載の
本間大嗣インタビュー記事を読む。
ドラマーって、大抵どのバンドでも、
人間関係に於ける潤滑油的な役割を担う人が多い。
人間としての包容力と優しさ・・・
それはその人の掛け替えのない財産だと思う。



M-2610

M-2611



同じく・・・
BURRN! JAPANVol.7 掲載の
柴田直人(ANTHEM)インタビュー記事を読む。








人との出会いは宝物。
過去の様々な失敗もチャレンジも、
全て今この瞬間の喜びに繋がっている。




熱血へヴィ・メタル道は



まだまだ続く・・・







キャロル ファンキーモンキーベイビー

Rolling Stones - Brown Sugar (live 1976)

Jumping Jack Flash - Rolling Stones - Paris 06/06/76

ロックン・ロール・ショー - RC SUCCESSION

David Bowie - Moonage Daydream (live)

Anthem - 20th Anniversary tour Onslaught

Anthem - wild anthem (revisited)








2016.12.06    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   全ての音楽はこの世に産み落とされた瞬間から、みんなの音楽になる!!


あんたは
無敵っつつつ!!
きゃ~~~~~~~~~
IKUZOだいすきぃいいいいいいい~。



M-2576

M-2577

M-2578




俺らゲットワイルだ'89/IKUZO+TM NETWORK (ニコニコ字幕つき)







関西美形ロックの元祖と言えば・・・
やっぱ、これにゃっつつ!!
君は知ってるかニャ・・・



M-2579

M-2580

M-2581




NOVELA - "Illusion"






THE YELLOW MONKEY
有線大賞特別賞受賞おめでとうございます。
ロック・バンドにとって
最も名誉な受賞だよね。
夜の街で、
誰もが今日一日の
さびしさとせつなさを
共有できるひと時。







M-2582

M-2583

M-2584

M-2585





BUMP OF CHICKENの藤原が、
ジャパン最新号のインタビュー記事の中で、
紅白への思いを吐露している・・・
全ての音楽は
この世に産み落とされた瞬間から、
みんなの音楽になる。
なんて素敵!!








M-2586

M-2587

M-2588





♪誰にも
聞こえない悲鳴が
内側で響く
気付かないふりした人が
気付かれるのを
待っている
明日生まれ変わったって
結局は
自分の生まれ変わり・・・
(Butterfly)







M-2589

M-2590

M-2591

M-2592




昔はロック・バンドがテレビに出ることに対して
きっと誰もが懐疑的だった。
でも今は違う。




M-2593

M-2594

M-2595










ロック・バンドがテレビに出るという事は、




みんなに共有されるという事なのだ。




音楽が誰よりも




それを望んでいるからだ。









俺らゲットワイルだ'89/IKUZO+TM NETWORK (ニコニコ字幕つき)

NOVELA - "Illusion"

砂の塔 / THE YELLOW MONKEY

BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU「ray」LIVE MUSIC VIDEO

BUMP OF CHICKEN「Butterfly」

THE YELLOW MONKEY×SMAP LIVE











2016.12.04    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   旨いもん食べて愛し合って、いまこの瞬間の幸せを抱きしめよう!!


なにもことばはいらない。




このグルーヴの海に




溺れていたい。





M-2561

M-2562

M-2563

M-2564





The Rolling Stones - Midnight Rambler [Live] HD Marquee Club 1971 NEW







♪真昼の光は消え
街が輝きだす
人は何かを求め夜をさまよう
閉ざされた長い夜
俺はもう
逃げ出せない・・・
(Shiny Day)







M-2565

M-2566

M-2567





♪何となく
こんな夜は
君を引き止めたい
不器用に
君をくどく
こんな夜のキスが好きさ・・・
(RADIO MAGIC)







M-2568




BURRN! JAPAN Vol.7掲載の
西田“MARCY”昌史(EARTHSHAKER)インタビュー記事を読む。
へヴィ・メタル・ミュージックの概念を変えた一人。
改めてそれを実感する。
日々の当たり前の日常を爆音で塗り潰せ!!
それがロックンロールの快感だもんね。




M-2569

M-2570

M-2571




リスクを回避することに血眼になるよりも
リスクと向き合おう。
生きている限り、
人はリスクから逃れられないんだよ。
それだけは
知っておいたほうがいい。






M-2572

M-2573

M-2574










M-2575



そうだよね・・・




明日も目覚める保証なんか




どこにもない。










旨いもん食べて愛し合って、




いまこの瞬間の幸せを抱きしめよう!!









The Rolling Stones - Midnight Rambler [Live] HD Marquee Club 1971 NEW

[PV]EARTHSHAKER「Shiny Day」

RADIO MAGIC - EARTHSHAKER

ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2000 イエモン

IKZO X ZEP 「移民の歌」

吉幾三×Capsule×DaftPunk×BeastieBoys StarrySky - IKZOLOGIC Remix











2016.12.03    カテゴリ:  ロックンロールの素敵な魔法 

   70過ぎたじじい達がどうしてこんなにも瑞々しいままでいられるんだろう・・・


70過ぎたじじい達が



どうしてこんなにも



瑞々しいままでいられるんだろう・・・




M-2542

M-2543

M-2544







うん。
永遠の謎!!
だからロックンロールは完結しないんだよ。









BURRN! JAPANVol.7掲載の
浜田麻里インタビュー記事を読む。
自分に嘘をつきたくない。
それはリスナーに対しても音楽に対しても失礼だから。
それだけの覚悟と信念を
求められるのがプロの世界。
彼女の気高い魂がそう叫んでいた。








M-2545

M-2546

M-2547




♪雨の中を傘もささずに走るのは
過去の悲しい思い出のように
大事なような
試されているのが悔しいね
捨てられ騙され心まで
奪われ・・・
(バラ色の日々)







このとき・・・
あの5人はいったいなにを思っただろう?
あっ、これって、
俺達の人生そのものだったんだ!!
うん。
バラ色の人生に向けて
準備ALRIGHT。
未だ旅の途中・・・




BURRN! JAPANVol.7掲載の
森重樹一(ZIGGY)インタビュー記事を読む。
高校生の頃、教師から髪を切れと言われた森重は、
髪を切らずにクラスでトップの成績を取ることで
自身の美学を貫いた。
これぞ、静かなる反抗!!だっ。




M-2548

M-2549

M-2550




餅つきが不衛生なら、カラオケだって不衛生。
みんな人の手を通じて人から人へと伝わるのは同じだからねっ。
だからこそ、
どんなリスクにも対応できる
免疫力を身に付けるのが
一番にゃっつつ!!
そんなわたしは天邪鬼ぅうううう~。




♪無神経が正義だから
息をする場所さえも
見つけられないぜ
世界中を敵に回しても
負け犬にはならない
限りなく汚しい殉教者に・・・
(マケイヌ)







M-2551

M-2552

M-2553



BURRN! JAPANVol.7掲載の
MORRIE(DEAD END)インタビュー記事を読む。
本来なら、
交わるはずのない者同士が
交わる時、
そこにどんな化学反応が起きるか・・・
そこに全てを賭ける。
音楽ってそういうもんだろ?







M-2557

M-2558

M-2559

M-2560





何かを手にするために




いつも何かを失う。




M-2554

M-2555

M-2556




それは・・・



生きるための最低限の



決まり事にゃっ!!










Little Walter - Hate To See You Go

The Rolling Stones - Hate To See You Go

浜田麻里 「Historia」

THE YELLOW MONKEY×SMAP『バラ色の日々〜ALRIGHT』

ZIGGY-マケイヌ

DEAD END - Serafine (1989)












2016.12.01    カテゴリ:  日々の泡立ち・・・ 

   そう・・・あるがままでええんやでぇ~~~~~~~~~!!


2016.11.28 21:40
ジミー・ペイジにインタビュー。「またまたまた、お前か!」と言われる。


http://ro69.jp/blog/shibuya/152123



“ああ書いたが、もはや「またお前か」とさえ言われない見慣れた存在になり「ヨオ!」という感じで、完全に近所の馴染みの八百屋のオヤジ扱いになっていた。”
(渋谷陽一)






M-2525

M-2526

M-2527






週刊朝日最新号掲載の
「ザ・ローリング・ストーンズ対談鮎川 誠×仲井戸麗市」を読む。
ストーンズがブルースを教えてくれた!! 
そう語るふたり。



M-2528

M-2529

M-2530



そう・・・



ストーンズがやれば、それは全て最新型になる。







BURRN! JAPANVol.7掲載の
HEESEY(THE YELLOW MONKEY)
インタビュー記事を読む。
もう・・・
めっちゃ最高!!
インタビュアーの増田勇一が
イエローモンキーのことを
全てTYMと表現。
おお~~~~~~
80年代の洋楽雑誌みたいだっ。








M-2531

M-2532

M-2533





クラシック・ロックという言葉からは、
誰もが時代遅れの古臭いロックというイメージを
思い浮かべる。
でも・・・ホントはそうじゃない。
クラシックとは時代を超えた普遍性を意味する。




M-2534

M-2535




その象徴がザ・イエロー・モンキーだとしたら、
こんな素敵なことは無い!!



BURRN! JAPANVol.7掲載の
鈴木Ampan政行インタビュー記事を読む。
どんな人生にもその人だけのストーリーがある。
どんな紆余曲折の人生も、
明日という未来を迎えるための過程に過ぎない。
ぜひ若い人に知ってほしい。
人生に無駄なことは一つも無いことを。







M-2536

M-2537

M-2538






生きることを
素晴らしいと思いたい。
あなたに出会えたことを
誇りに思いたい。
旅は未だ続くのさ!!





M-2539

M-2540

M-2541








全てのへヴィ・メタル・ミュージックは、




あなたの明日に寄り添うために存在する。



そう・・・




あるがままでええんやでぇ~~~~~~~~~!!







Led Zeppelin - Rock And Roll Live 1973 [1080p]

The Rolling Stones - Hate To See You Go

ALRIGHT / THE YELLOW MONKEY

Loudness Samsara Flight 2016 Crazy Nights Jak68

Loudness - Let It Go










Copyright © ランダム All Rights Reserved.
Template basically designed by Sceneway,  Powered by FC2 Blog